大田(テジョン)の日本家屋などブラブラ見物

2017年夏の韓国5泊6日の旅
08 /22 2017
2017年8月12日(土)

この日の宿で荷物を置いて身軽になったあと、さっそく大田(テジョン)の街歩きを。
先ほどは旅館街の客引きアジュンマたちにしつこくされたのでそのエリアを避けて大通りへ(笑)
大通りに出て大田地下鉄の中央路駅方面へ歩く。
すぐに立派な古い建物が見えてきた。
s-DSC02263.jpg
この存在感のある古そうな建物は今ではダビチメガネというメガネ屋になっている。
建物にプレートがつけられていた。
s-DSC02265.jpg
「大韓民国近代文化遺産」
「旧産業銀行大田支店」
とのこと。
1937年に朝鮮殖産銀行大田支店として建てられ、1945年から1997年まで韓国産業銀行大田支店として使用されたそうだ。
そういえば、ドラマ「半沢直樹」で産業中央銀行ってでてきたっけ?(笑)
韓国のメガネって安いイメージ(実際に安いが)だが、こんな建物がめがね屋だととても高そうに感じてしまう。
こちらは毎度おなじみゴミ捨て禁止プレート。よく見ると幕である。
s-DSC02274.jpg
「この地域は2017年7月28日にゴミ不法投棄行為を取り締まって3件、罰金60万ウォンを課した所です」
これはなかなか面白いゴミ捨て禁止幕だ。
過去事例を用いて不法投棄の禁止を呼びかけている。
なんか広告のようなものがあったので見てみると
s-DSC02275.jpg
あの韓国演歌の大御所、イ・ミジャの58周年記念の大田音楽会がおこなわれるとのこと。
歌手生活58年てすごいなあと改めて驚かされる。
ここで韓国語のクイズ。(韓国のバラエティ番組でやっていた)
韓国で寝るのが早い人の名前は?(笑)
答えはイ・ミジャ。
イミ(すでに)ジャ(寝ている)から。
話がそれたので先へ。
こちらの長くて古い建物はなんだろう。
壁には蔦が絡まっている。
s-DSC02278.jpg
市場粉食とあるが、ここは市場だったのかな。
こちらの貼り紙もゴミ捨て禁止の内容が。
でもちょっと面白い。
s-DSC02279.jpg
ゴミの無断投棄は撮影後、写真を公開します、とのこと。
これはまたちょっとこわいかも。
地下鉄中央路駅の北側エリア(駅から少し離れた所)を歩く。
日本家屋が数軒集まっているエリアがあった。
s-DSC02285.jpg

s-DSC02282.jpg

s-DSC02284.jpg

s-DSC02281.jpg
大田(テジョン)も昔は日本人が多く行き来していたところなのだろう。
こんなエリアをブラブラ歩いているとここって本当に韓国だっけ?と錯覚してしまいそうになる。
日本家屋というと群山や浦項が思い浮かぶが大田にもこういうエリアを見ることができて収穫であった。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

一日目の宿は大田(テジョン)のヘンウン荘モーテルへ

2017年夏の韓国5泊6日の旅
08 /20 2017
2017年8月12日(土)

1日目

ソウル駅から午後1時過ぎのKTXに乗って本日の目的地、大田(テジョン)へ。
その前に昼ごはんを買わないと。
ソウル駅構内にある、前から気になっていたほっとっもっとで弁当を買う。
s-DSC02250.jpg
日本の弁当屋がソウルにもあるとは様々な点でとても不思議な感じだ。
日本と大体似たような感じの弁当が揃っている。
幕ノ内弁当もある。
全体に日本よりも高めかな。
その中からサバ照り焼き弁当というのを買った。7500W(約750円)
s-20170812_130117.jpg
弁当を持ってKTXに乗り込む。

s-20170812_125321.jpg

s-DSC02251.jpg

時間通りにKTXは発車、それでは私も車窓を見ながら弁当を。
おかずは思っていたよりも多く入っている。
照り焼き風の甘い醤油味付けのサバのほかに、鶏唐揚げ、コロッケ、スパム、プルコギ、キムチなど。
弁当を買ったら一緒に小さな容器で水と味噌汁がサービスされた。
肝心のサバ照り焼きは美味しいが日本の味付けサバ缶のような味。
ソウル駅を出て1時間ほどで大田駅に着く。
大田を訪れたのは2014年以来3年ぶり。
s-DSC02253.jpg
まだ午後2時過ぎ。
とりあえず今夜の宿を確保して荷物を置きたい。
大田はこれまで何度か宿泊しているがいずれも駅からだいぶ離れた儒城温泉に泊っている。
大田駅前に泊るのは初めてだ。
駅前には旅館、モーテル、旅人宿などたくさんあり宿泊には困らない。
その中から全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!のブログを書かれているビョンさんがお泊りになった、ヘンウン荘モーテルへ行ってみることにした。
だがたどり着くまでにちょっとした難関が(笑)
大田駅前の大通りを渡った向こう側の路地一帯が旅館街のようになっているが、連れ込み宿のようなエリアもあったのだ。
それを知らずに旅館街の路地を歩いていたらあちこちの宿から客引きアジュンマがわらわらと出てきて腕をつかまれ、「可愛いアガッシいるよ?」、「ちょっと休んで行かない?」などのしつこいお誘いを(笑)
何とかしつこい勧誘をふり払って少し離れたエリアにある、目的のヘンウン荘モーテルにたどり着いた。
s-DSC02255.jpg
ヘンウン荘モーテル、漢字だと幸運荘モーテルかな。
受付へ行くと中にアジョッシ(おじさん)がいたので今夜の宿泊を手続きする。。
1泊25000W(約2500円)とのこと。
昔の韓国の宿の相場がここにはまだ残っていた。
すぐわきの壁にも1泊25000Wの旨の価格表が掲示されている。
部屋はこんな感じ。
安いし部屋の中身も満足だ。
s-DSC02335.jpg

s-DSC02337.jpg
部屋の冷蔵庫にはミネラルウォーター、缶ジュース2種類が入っていた。
ありがたい。
洗面所、浴室はこちら。
バスタブはないが、夏なのでシャワーのみで充分。
s-DSC02336.jpg
そういえば、部屋のキーをもらっていないことに気づき、受付のアジョッシの所へ行くとこんな回答だった。
部屋を出る時はドアノブの内側を押しながら閉めるとカギがかかる。
外から帰ってきたら知らせてくれれば部屋に入る時にカギを渡します、とのこと。
どうやらカギを外へ持ち出されたくないようだ。
それでは今夜の宿が決まったところで大田の街歩きに出発。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

お盆休みを使って恒例の韓国へ

2017年夏の韓国5泊6日の旅
08 /19 2017
2017年8月12日(土)

1日目

このお盆休みも毎年恒例の韓国旅行へ。
会社の休みが少し長いので今回はソウル~大田~群山~釜山~ソウルとあちこちまわってこれる旅程にした。
例によって羽田空港からJALの朝便でソウル・金浦空港へ向かう。
夏休みの混雑ピーク時のせいか、普段はさほど混雑していない国際線ターミナルも早朝から大変な混雑ぶりだ。
外国人の姿が目立つ。
こちらが今回乗るJALのソウル金浦空港行き91便。
s-DSC02215.jpg

s-DSC02216.jpg
機内はほぼ満席のような感じ、韓国人と思われる乗客も多いようだ。
ほぼ時間通りに出発し、機内では例によって個人モニターで映画「釣りバカ日誌を」観る。
毎回、全部見終らないうちにソウルに着いてしまうのだが。
機内食はこちら。
s-DSC02223.jpg
イングリッシュマフィンサンドとのこと。
ハム、スライスチーズ、タルタルソースなどが挟まれている。
パン生地も美味しいがとにかく熱い。
手でつかんでハンバーガーのようにかぶりつきたいが熱すぎてそれができず、少しずつ食べることになる。
食後にコーヒーをもらって引き続き釣りバカ日誌を観ていると眼下には一山のあたりだろうか、街の様子が見えている。
s-DSC02234.jpg
東京は雨だったがソウルはいい天気で安心する。
ほぼ時間どおりにソウル・金浦空港に着く。
いつもだと地下鉄5号線で鍾路3街へ向かうのだが、今回は空港鉄道でソウル駅へ向かう。
午後のKTXでこの日はソウル駅から大田(テジョン)まで移動予定なので。

1か月ぶりにソウル駅前に降り立つ(笑)
ソウルも先月同様に相変わらず暑い。
s-DSC02236.jpg
ん?ソウル駅手前の階段の壁に何やらポスターが貼られている。
よく見てみると
s-DSC02237.jpg
ソウル路7017でムグンファ祭り(韓国の国花・むくげ祭り)が行われているとのこと。
メインイベントは夜のようだがむくげの花は見られるだろうと思い、ソウル路7017へ行ってみる。
s-DSC02244.jpg
なるほど、ソウル路7017の万里方面へかけてむくげの花があちこちできれいに咲いているのを見ることができた。
また、ここ、ソウル路7017はまだ完成してから間もないはずだが植えられている木々では蝉時雨がすごい。
韓国では当たり前のようにどこでも見かけるのだが日本では見かけない(少なくとも私が住んでいる地域では)スジアカクマゼミの蝉時雨だ。
s-DSC02248.jpg
ここはちょうどソウル駅の線路の上に位置するので鉄道の写真も撮れる。
これはITXセマウルとKTXかな?
s-DSC02241.jpg
ソウル路7017をブラブラと歩いていると周囲からは日本語も聞こえてくる。
ここ、ソウル路7017はもう日本のガイドブックにも載っているのかな。
それではKTXに乗る時間になったのでソウル駅へ。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

約2時間遅れの午後便で香港空港から帰国

2017年 春の香港マカオ深圳4泊5日の旅
08 /18 2017

会社の夏休みを使って6日間韓国(ソウル~大田~群山~釜山~ソウル)へ行っていましたので更新をしていませんでした。
今日からまた少しずつ更新を。

2017年5月

5日目

最終日の香港は朝から大雨が続いていたので街歩きもできず。
朝の飲茶を楽しみ、ホテルでテレビを見ながらゆっくりと過ごしたのち、早めに空港へ向かう。
香港MTRの駅構内の案内板を見ると
s-DSC01755.jpg
赤雲警報になっている。
雷や土砂崩れのマークも出ている。
香港の気象警報は絵や色別に警報のレベルが分けられていてすぐに理解しやすい。
案内板には11時25分の表示が出ているがその10分後には
s-DSC01757.jpg
なんと黒雲警報に変わった。
黒雲警報はネットによればシグナル8以上、70mm/hの強い雨が続くことが予想される警報とのこと。
会社の始業時刻前に発令された場合はなんと出社義務がないそうで、驚かされた。
日本だと大雪や交通機関に重大な影響が出るような台風でも当たりまえのように出社しなければいけないのだが。
香港空港に着くともう昼過ぎ。
とりあえず空港内の食堂で昼ごはんを食べる。
s-20170524_124302.jpg
海老の卵がのった汁なし麺、蝦子撈麺を。
若干の生臭さ、そして汁なし麺のせいか麺のボソボソ感が気になるがまあうまい。
空港の食堂で食べたからこうなのだろうが、街の専門店のような所で食べればもっとおいしいと思う。
食後、帰国便のチェックインをするも出発時間が迫っているのに搭乗口がまだ決まっていないとのこと。
出発便の案内板を見ると搭乗口が決まっていない便がとても多い。
空港で何かトラブルがあったようだ。
こんな時はなるようにしかならないので他の搭乗口に駐機している飛行機でも見ながらゆっくりと待つ。
香港空港の規模が大きいのは前々から感じていたが一体いくつの搭乗口があるのだろう。
s-DSC01760.jpg
他の搭乗口で見かけない文字の入った飛行機を見つけた。
案内板を見るとイスラエルのテルアビブ行きのエルアル航空とのこと。
s-DSC01759.jpg

後でネットで調べてみるとイスラエルが抱える治安状況の関係からセキュリティチェックがとても厳しく、搭乗前に係員から個人情報、渡航目的など詳細に根掘り葉掘り聞かれるそうだ。
貴重な飛行機を見つけたようだ。
いっぽうこちらはシンガポール航空。
あの超大型旅客機、A380だ。
これは一度乗ってみたい。
s-DSC01761.jpg
さて、私が乗る予定の肝心の帰国便はこちら。
やっと搭乗口が決まったようなので行ってみた。
やはり遅延のようだ。
s-DSC01758.jpg
当時の状況をはっきりと覚えていないのだが確か30~40分遅れで搭乗が始まったと思う。
だが搭乗してからだいぶ時間が経つのになかなか出発しない。
そのうち機内アナウンスが入り、香港空港で今朝起きた滑走路上での他社便の事故により使える滑走路が制限されているので出発許可が下りるまでにさらに1時間半ほどかかるとのこと。
機内でそのまま待つようだ。
まだ駐機場に停まっている機内ではアルコールを含む飲物サービスが始まった。
結局2時間以上の遅れで香港空港を出発した。
機内食はこちら。
s-DSC01763.jpg
ハーゲンダッツが出てくるのはやはりうれしい。
結局羽田には夜10時ごろ着いたと記憶している。
自宅方面行きの終電には充分に間に合ったのでとりあえずほっとして今回の旅を終えた。
今回も無事に出発し、楽しく現地で過ごし、無事に帰れたことに感謝。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

香港最終日の朝ごはんはやっぱり飲茶を食べに行く

2017年 春の香港マカオ深圳4泊5日の旅
08 /10 2017
2017年5月

5日目

香港最終日、帰国便はJALの午後便なので午前中は余裕をもって過ごせる。
昨夜から香港は豪雨でホテルの部屋の中にいても雨音がすごい。
朝までに雨が上がればいいなあと思っていたがやむ気配がない。
最終日の朝ごはんはホテルで食べず、近くの飲茶レストランへ。
ホテルからネイザンロード沿いに歩いて15分ほどでおなじみの倫敦大酒樓に着く。
s-20170524_075244.jpg
傘をさして歩いて行ったがそれでもかなり濡れてしまった。
まあまあ、飲茶レストラン内はエアコンが効いているだろうからすぐに乾くだろう。
こちらがレストラン内の様子。
とても広くて結婚式の披露宴会場のような雰囲気だ。
s-20170524_074646.jpg
上記画像の右に写っている男性の方は客に見えるが実は従業員、片言の日本語が話せるようで私が日本人と分かるといろいろと話しかけてくれた。
広いレストラン内は従業員のおばさんたちがこうやってワゴンに様々な料理をのせてあちこちまわっている。
s-20170524_075115.jpg

s-20170524_071405.jpg
飲茶レストランなので字のごとく、まずは肝心のお茶をオーダーする。
大好きなプーアル茶を。
その後、ワゴンが自分の席に来たらとりあえず止めて積んでいる料理を見せてもらう。
気に入った料理があったらその場でもらう。
今回食べたのはこんな感じのもの。
s-20170524_071257.jpg
プリプリのえび餃子と蟹の卵がのった焼売。
さっぱりとしたプーアル茶を飲みつつこれらを少しずつ食べていく。
周囲のテーブルを見ると新聞を手にした年配の一人客が多い。
地元の方たちなのだろう、こうして朝ごはんは朝刊を読みながらゆっくりとお茶を飲みつつ楽しむのが日常生活の一部なのかもしれない。うらやましい。
甘いものも一品。
s-20170524_072504.jpg
ココナツの粉がまぶさったマンゴー餅。
これはウマい。
2日目にも飲茶レストラン、陸羽茶室に行ったが雰囲気はだいぶ異なる。
こちら、倫敦大酒樓はローカル感あってとてもにぎやか。
カチャカチャと響いてくる食器、茶器の音、お客さんたちのおしゃべりの声、料理名を連呼しながらワゴンを押して歩く従業員のおばさんたちの声。
結局1時間ほどここでゆったりと飲茶を楽しんだ。
外はまだ雨がひどい降り続いている。
そうそう、ホテル近くのこの店に一度行こうと思いつつ今回は行く機会がなかった。
次回の香港の際は行かないと。
s-DSC01753.jpg
午後の飛行機の時間までまだだいぶ余裕があるがひどい雨なので街歩きはできない。
ホテルの部屋でゆったりとテレビでも見ながら過ごす。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

マッシー

FC2ブログへようこそ!