あけましておめでとうございます。

お知らせ
01 /04 2017

少し遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
昨年は大勢の方にご覧いただきまして本当にありがとうございました。
20170102_090754.jpg

このお正月は2泊3日で暖かな台湾へ行っていました。
冬の旅行はやはり暖かな所が心身ともに休まる感じです。
このブログは自分の旅行の備忘録のようなものですが今年も旅ができることへの感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月の台湾旅行の写真を少し。
DSC00063.jpg

DSC00114.jpg

スポンサーサイト

昨日から韓国へ

お知らせ
08 /14 2016
昨日から会社の夏休みなので恒例の韓国へ。羽田空港のチェックインの際にちょっと良いことあり。今回、JALマイルで行きはビジネス予約でしたが(エコノミーの空きがなかったので)空港カウンターへ行ってみると「本日、急な機材変更でビジネス席が10席ほど不足している。ついてはエコノミーへの変更に協力していただけないか」とのこと。そのかわり、
1 ラウンジは使える。
2 エコノミーへの差額マイル返却
3 隣席ブロックしてくれる
4 迷惑料としてイチマンエンいただける

もともとエコノミー希望だったのですぐにオーケーしました。まったくゴネたりしていないので誤解のないように(笑)
昨日はソウル到着後、国内線に乗り換えて光州へ。

今年最初の記事アップです

お知らせ
01 /12 2016
かなり遅くなりましたが今年最初の記事アップです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は30日まで仕事、年が明けて2日から4日間台湾へ行っていました。
今回は光瀬憲子さんの『台湾縦断!人情食堂と美景の旅』(双葉文庫)を持参して台北~高雄~嘉義~台北とまわってきました。
この本を片手に、高雄では昭和の横浜のような雰囲気の街、鹽埕(イェンチェン)を見て回り、
P1260410.jpg

嘉義では一日中雨続き、それでもこんな惹かれる食堂にも行って

P1260521.jpg

P1260516.jpg

ローカルな雰囲気にどっぷりと浸かりました。
台北では再訪したかったこちらのお店へ。
P1260588.jpg

昼過ぎにフラッと入ったら偶然にもこの本の読者の方(台湾旅行中の日本の方)とお会いして、そればかりではなく、この本に登場するお店の地元ご常連の方たちにも次々とお会いできてみんなで本当に楽しい昼酒をじっくり楽しめました。
P1260589.jpg
きっとこの祖師廟が私たちを呼び寄せてくれたのでしょう。

台湾旅行から帰国、3日後に今度は会社の海外研修で韓国へ。
華城~安養~洪城(忠清南道)のルートでまわり、いつもの韓国旅行とは全く違う韓国の姿をたくさん学んできました。
記事のアップがかなり遅れていますが少しずつ更新していきます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

迎春 

お知らせ
01 /06 2015
あけましておめでとうございます。
昨年は思い通りの旅行ができて今思うととても恵まれた1年でした。
これまで何度か書いてきましたが旅行という趣味はとても贅沢なものだと思っています。
ある程度のお金と時間がどうしても必要だし、
本人が健康でなければならないし、
身内も健康でなければならないし、
有休をとる場合は職場の同僚の協力が必要だし、
台風や大雪、地震などが起きず、天候に恵まれていなければならないし、
海外へ行く場合は訪問国もある程度安定していなければ不安だし。
と旅行へ行ける条件をあげたらきりがありません。
これらの条件をすべて満たすことができて初めて出発できるのです。
今年もまた旅行を続けたいと思っていますが、旅行へ行けることの感謝だけは常に忘れないようにしたいと思います。

今年1回目の旅行へ行き、先ほど無事に帰ってきました。
台湾3泊4日の旅、今回は台南と台北をまわってきました。今回のテキストも前回の訪台時同様に『台湾一周!安旨食堂の旅』』(光瀬憲子著・双葉文庫)。
この本の掲載店を訪れることで私が知りたいと思っていた台湾の日常の様子を見ることができました。

ここは台北の下町にある祖師廟口自助餐。
P1220409.jpg
この店構え、いいでしょう?
一度見たら忘れられない雰囲気です。
中は開放的な造りになっていて、調理場を半分囲むようにカウンターがありました。
ガラスケースにはこのようにおいしそうな料理がたくさん入っています。
このケースの前のカウンター席に座って
P1220400.jpg

ガラスケース向こうのおかみさんに食べたい料理を指さしで頼むと1品ごとに皿にのせて出してくれました。
まず頼んだのはタケノコの炒め物と味がしっかりとしみ込んだ煮卵。
そして台湾ビール。
訪れたのは昼過ぎだったので昼酒です。
P1220399.jpg
この日の台北は少し暑いくらいだったのでビールが美味しかったです。
私の隣のおじさんがなにやら手のひら2枚分ほどの大きさのおいしそうなさつま揚げのようなものを頼んだので私も真似して注文。
注文したら外側がカリカリになるまで揚げなおしてくれました。
更に、大きいので一口サイズに切ってタレをかけて出してくれました。
P1220406.jpg
このさつま揚げのようなものの名前をご主人に聞くと「ゴボテン、ゴボテン」と言っています。
てっきり中国語の料理名かと思ったら、なんと日本のごぼう天。
現地でもゴボテンというのですね。
手作り感のある味で本当においしかったです。
お店のご主人に『台湾一周!安旨食堂の旅』を見せて、この本を見て訪れたことを話すと、ご主人は奥から同じ本を出してきて「オナジ、オナジ」と喜んでいました。
カウンターで飲んでいる年配のお客さんたちはみんな気さくなかたばかり、あれこれと話かけてくれます。
このあたりは台北でもとても古い地域だから年寄りが集まってくるとのこと。
お店のおかみさんも話に加わって、「トシヨリハ、オサケ タクサンノム」と呆れた顔で話していました(笑)
お客さんもお店の方も片言の日本語を話してくれるので助かりました(^-^;
大阪の今宮あたりに昼間からやっている居酒屋がいくつかありますが、雰囲気が似ているような感じがしました。
台湾ビール(大瓶)とタケノコの炒め物、煮卵、大きなごぼう天で計120元(約447円)。
これでもうけが出るのか心配になる値段でした。


旅行中につき

お知らせ
07 /13 2014
旅行中につき、数日の間、更新をお休みします。

マッシー

FC2ブログへようこそ!