ラーメン堂 仙台っ子

宮城
08 /01 2008
先月、仙台に行った際に立ち寄ったラーメン店、「ラーメン堂 仙台っ子」。
豚ガラ、鶏ガラなど通常の5倍もの材料を入れて、2日間煮込んだという濃厚なスープ(メニューに記載)がウリだそうだ。
ラーメンは630円、細麺か太麺、こってりかあっさりを選ぶ。
私は細麺、もちろん「こってり」を選んだ。
s-DSCF7947.jpg

夜、飲んだ後に行ったのだがライスは無料だという。
昼間はどうなのかわからない。
肝心のラーメンは横浜のいわゆる家系ラーメンに似ている。
具はホウレンソウ、チャーシュー、ネギ、海苔など。
麺は細麺で茹で加減はまずまず。
スープに驚かされる。
味は非常に濃厚でドロドロ血のように(笑)トロ~リとしている。
今までラーメンをあちこちで食べてきたがここまでトロリ濃厚なスープは初めてだ。
これはうまい!
お腹にガツンとくる味だ。
でも、「豚ガラ、鶏ガラなど通常の5倍もの材料を入れて」いるのに630円という値段はちょっと安くはないかという疑問が(^^;)

スポンサーサイト

オモニの台所 しめん

宮城
07 /18 2008
先日の仙台行きの続きである。
昼は冷やし中華を食べたのだが、夜はやはりお酒も飲みたい。
仙台、東一市場周辺には居酒屋がとても多い。大阪・心斎橋あたりの夜の光景と変わらない。
太田和彦さんの「日本居酒屋紀行」のような居酒屋で地の物を中心に一杯やるのが理想なのだが....。
ふとハングルの看板が目に入る。
「オモニの台所 しめん」とある。
この看板の活字がディープでなんともよい。
ここは暗い雑居ビルの中にスナックやら一杯飲み屋がたくさん集まっている一角だ。
s-DSCF7946.jpg

ちょっと気になってこのお店に入ってみた。
店内はカウンター席数名とテーブル席が2つくらいの小さな店だ。
在日のおばさんと娘さん?2人でやっているらしい。
まずは生ビールを頼む。お通しはオクラの酢の物でこれがおいしかった。
メニューをみるとちょっとした韓国家庭料理が中心、焼肉のような高価なものはなかった。
キムチチジミとイカフェサラダ(イカの刺身サラダ)を頼む。
s-DSCF7944.jpg

値段はどれも700円前後、量も多くて良心的だ。
これらをつまみにビールを3杯楽しんだら心地よい感じになってきた。
キムチチジミは焼き加減が抜群、これはビールに非常によく合った。
イカフェサラダはイカキムチがたくさん入ったサラダ、辛いのだが全体にはさっぱりとした味、暑い時に食べると食欲が出てくるような味だ。
仙台に来てまで韓国料理、自分でもあきれてしまう(^^;)
次回東北へ行く機会があればその時こそは地酒を中心にその土地の食べ物を食べよう。
さて、この後は締めに「ラーメン堂 仙台っ子」にラーメンを食べに行ったのだがそれはまた別の話(笑)




冷やし中華発祥の地・仙台

宮城
07 /09 2008
冷やし中華のおいしい季節である。
仙台は冷やし中華の発祥地だと知ったのは最近のこと。
その冷やし中華元祖の店も仙台にまだ残っているという。
龍亭という中華料理屋さんだ。
夏は中華料理の需要が落ち込むので夏でも人気の出るメニューを、と考え出されたのが冷やし中華だったそうだ。
この店の冷やし中華は「涼拌麺」と呼ぶ。
スープは醤油だれかごまだれを選ぶ。
私は無難に醤油だれを注文した。
s-DSCF7932.jpg

具は涼しげなガラスの容器にのせられて来るのが印象的だ。
肝心の味だが、まず、麺は茹で加減と歯ごたえが最高、非常においしい。
具はバラエティに富んでいて楽しめる。
醤油だれのスープはおいしいがちょっと甘めかなあ。
全体にはかなり満足の味、これで1300円、高いか安いかは食べた後の個々の判断によるだろう。
s-DSCF7933.jpg

杏仁豆腐も注文したがこれは確か350円、だが非常においしかった。
地元では有名店だそうで、店員の接客態度が気になったが丁寧な応対で安心した。

マッシー

FC2ブログへようこそ!