台湾で買ってきたもの

台湾
06 /24 2012
先日の台湾旅行で買ってきたもののうち一部を。
韓国旅行と違ってお土産はいたって少ない。
パイナップルケーキはもちろん買ってきたがどうやらこれは横浜中華街でも買えるらしい。
なるべく日本で買えないものを、と選んだのがこれらのもの。

これはクリームパン。22元(約66円)
P1100364.jpg

クリームは中国語だと「克林姆」というようだ。
麺包はパンの意味でミェンパオという。
味はごく普通のクリームパンだが、パン生地の表面にもクリームがのっているのが特徴か。

こちらは台湾では定番の甘塩っぱいでんぶ入りのパン。25元(約75円)。
P1100365.jpg

パン生地はデニッシュタイプのもの。
初めてでんぶ入りのパンを食べたときは、これってどうなの?と感じたが後々になってやっぱりおいしかったかも?と思うようになった。

以上2つのパンは台湾出国前に台北松山空港の国内線ターミナルにあるコンビニで買った。
このコンビニでちょっとしたお土産はそろってしまう。
なお、台北松山空港の国際線ターミナルだとコンビニは私が見たところではないようだ。

こちらは台東の夜市で買った釈迦餅。
P1100366.jpg

釈迦頭という緑色でゴツゴツした甘い果物で台東の特産品だ。
それを餅菓子にしたもの。
一口サイズの餅菓子が12個程度入っていて100元(約300円)だった。
釈迦頭という果物自体残念ながらまだ食べたことがないがこの餅菓子を食べる限りではトロピカルフルーツ特有の甘い香りが楽しめた。

スポンサーサイト

台湾1周3泊4日旅行記(台北~宜蘭~台東~高雄~台北)2日目をアップ

台湾
06 /17 2012

台湾1周3泊4日旅行記(台北~宜蘭~台東~高雄~台北)2日目をアップしました。
2日目は台東の街歩きです。

http://flytoseoul.web.fc2.com/

宜蘭~台東間の切符手配について

台湾
06 /17 2012
先日の台湾一周旅行で初日に台北駅ですべての鉄道の切符を手配したのであるが....。
2日目の日程は宜蘭から台東までの行程。
宜蘭から台東までの所要時間は特急自強号で約4時間。
これは座れないともちろんきついので指定席で買おうとしたのだった。

台北駅の自販機で切符の手配をしたのだが最初、宜蘭から台東までの区間として指定したら自販機の画面には席がない旨表示された。
一瞬、これは困ったと思ったのだがよく考えてみると宜蘭~台東の間には観光地で超有名な花蓮駅がある。
花蓮駅からタロコへ向かう人が多いので花蓮駅以降は空くはず。
そう考えて今度は同一列車で宜蘭~花蓮、花蓮~台東と区間を分けて自販機でトライしてみた。
結果、宜蘭~花蓮間は「無座」だったが花蓮~台東間はなんなく指定席での切符が取れたのだった。
P1090981.jpg

宜蘭~花蓮間は所要約1時間10分ほど。
この時間は無座チケットなので台湾人の真似をしてデッキで座り込んで過ごした。
花蓮に着くとほとんどの乗客が降りて行ったのだった。
花蓮~台東間の車内はガラガラ、隣席も空席でのんびりと車窓をたのしめた。

そのうち、花蓮の街歩き、タロコの渓谷も見に行きたいがこれからしばらくは台風シーズンなので無理かなあ。


台北名物のスクーター集団

台湾
06 /16 2012
これは台北到着日(金曜日)の昼過ぎに台北駅前の歩道橋から撮影したもの。
市内の交通量が比較的空いてくると思われるこの時間でさえこんな感じ。
実は朝の通勤時間帯はすごいことになっているのだが今回はスケジュールの関係で見られず。
台湾の一人あたりのバイク所有台数はおそらく日本以上だと感じた。
私もバイクは好きだがこんなところで運転はしたくないなあ;;
今回、台北のほかに宜蘭、台東、高雄を回ってきたがスクーター集団がみられたのは台北のみ。

[広告] VPS

台湾の缶ビール3種

台湾
06 /15 2012
旅先で飲む地のビールは楽しみの一つ。
台湾のビールは飲んだ感じは沖縄のオリオンビール同様にちょっと薄い感じでグイグイと飲みやすい。
今回、台北や宜蘭、台東のセブンイレブンで見かけた台湾の缶ビールで新製品と思われるものがあった。

まずはこれ。
P1100168.jpg

画像左は関係ないのだが飲むヨーグルト、右が肝心の新製品と思われる缶ビール。
見ての通り、パイナップルビールだ。
何とも台湾らしい。
果汁5%、アルコールはわずか2.8%。
1缶37元(約111円)。
味は想像していたような甘口でパイナップルサワーのような感じ。
ビールというか、麦の存在感は感じられない。

もう一つは......

P1100335.jpg

上記画像左はなんとマンゴービール。
これはウマかった!。
甘口ではあるがパイナップルビールよりも果汁の存在感があってマンゴー好きにはたまらない味。
これは一気に飲み干してしまった。
でもやっぱりビール自体の味はわからなかったが。
1缶37元(約111円)

画像右がノーマルの台湾缶ビール。
ノーマルのは1缶35元(約105円)。

台湾の果物ではパパイヤや釈迦頭、バナナやスイカをよく見かける。
そのうちパパイヤビールなんて開発してほしいなあと思うのだが。


マッシー

FC2ブログへようこそ!