鹿児島の啓蒙看板(9月訪問時)

鹿児島
11 /15 2009
各地を街歩きしていての楽しみの一つは啓蒙看板、マナー看板。
代表的なのは沖縄県内どこでもいたるところで見られる「チリを捨てるな」の看板。
鹿児島ではこんな啓蒙看板を見かけた。


ポイ捨て禁止!
その心にイエローカード!

s-DSCF1877.jpg


イラストは簡単ながらとても気持ちが伝わってくる。
文言も印象的。なるほど~と思ってしまう。

もう一つは桜島で見かけた看板。
小学生が作ったようだ。

s-DSCF1925.jpg


桜島の海をきれいにするために「だめ」なことと「OK」なことを対比させてイラスト化している点がなかなか。
小学生の立場から海をきれいにしたい気持ちが感じられる優秀作品だ。

こんなのばかり見て歩いているから観光地らしいところは少ししか訪れていない。


スポンサーサイト

鹿児島・三養軒

鹿児島
10 /05 2009
鹿児島の繁華街、天文館からほど近い所にあるラーメン屋さん、三養軒。(9月訪問)
居酒屋「菜菜かまど」でほろ酔い気分になったところでラーメン屋さんへ行ったのだった。
ふらっと入ったお店だったが当たりだった。
s-DSCF1895.jpg

黒みそを使ったみそラーメンが目玉のようだ。
さっそく味噌ラーメン(\700)を注文する。
例によってまず、漬物が出てくる。
これを食べながらラーメンが出てくるのを待つのが鹿児島スタイルのようだ。
s-DSCF1893.jpg

しばらくして出てきたラーメンは見た感じ、スープの色が濃く、いかにも味噌ラーメンという感じだった。
が、食べてみると色の割に味はくどくない。
それどころか味噌スープの個性が楽しめるラーメンでかなりおいしい。
具はチャーシュー、キャベツ、もやしなど。
野菜はどれもシャキシャキしていてスープによく合っていた。
麺はストレート麺か。
ボリュームあり、全体にバランスのとれたおいしいラーメンだった。
s-DSCF1894.jpg

鹿児島はとんこつラーメンばかりかと思っていたのだが、街を歩いてみると味噌ラーメンの店もぽつぽつと見かけた。
これは新しい発見だった。
まだまだ気になるラーメン屋さんが視界に入ってきて食べたい気はあるのだがもう満腹である。

鹿児島の居酒屋 菜菜かまど

鹿児島
09 /24 2009
太田和彦の居酒屋紀行シリーズ、毎回楽しみに見ている。
2週間前、鹿児島へ行った際に太田さんが訪れた「菜菜かまど」へ行ってみた。
実はもう一軒、番組内で紹介されていた「味乃さつき」にも行ったのだが不運にも「都合により本日お休み」だったのだ。
この店の日本一のつけ揚げを食べたかったのだが。
さて、「菜菜かまど」は鹿児島の繁華街である天文館からほど近い所にある。
細い路地の中にあり、そう、大阪梅田のお初天神辺りの居酒屋路地とよく似ている雰囲気の所だ。
s-DSCF1886.jpg

カウンターに座り、生ビールを頼む。
お通しはもやしと肉の炒めもの。量は少しだが温かいお通しだ。
s-DSCF1888.jpg

カウンターの上にはゴーヤーやへちまなど、沖縄でおなじみの野菜が置かれている。
ゴーヤーは鹿児島では「にがごり」というそうだ。
ご主人が食材や料理方法について丁寧に話してくれる。
テレビで見たとおりだ。
ゴーヤーの生スライスを塩もみし、上から鰹節をかけたのをいただく。
これはシンプルでゴーヤー好きにはたまらない。
s-DSCF1889.jpg

続いて鹿児島ならではのきびなごのお刺身を。
アルミ箔のようにきれいなきびなごのお刺身、これは酢味噌や醤油で楽しむ。
鹿児島の醤油は甘口、関東では経験できない味だった。
きびなごはくせがなく、さんまの刺身に近い味だ。
s-DSCF1890.jpg

さらにへちまの味噌炒めとサバの刺身を。
へちまの味噌炒めは沖縄でおなじみだが鹿児島でも食されているようだ。
サバの刺身は生まれて初めて食べた。
〆サバではない。
首折れサバといい、鮮度を保つために捕った後すぐに首を折るそうだ。
脂が適度にのっており、ハマチのような感じだ。
これはおいしい。
関東では食べる機会はなさそうだ。
s-DSCF1891_20090925214857.jpg

最後に菜菜かまど名物のつけ揚げを頼む。
トビウオのさつま揚げだ。
その場で揚げてくれる。
テニスボールほどの大きくて丸いさつま揚げだ。
s-DSCF1892.jpg

低温で徐々に揚げるため20分ほどかかるそうだ。
あつあつのつけ揚げ(さつまあげ)は魚の香りがしておいしい。
ビールによく合う味だった。
こうして鹿児島料理を十分に楽しみ、店をあとにした。
居酒屋の居は居心地の居。
それを十分に楽しめるお店だった。

くろいわラーメン【鹿児島 天文館】

鹿児島
09 /18 2009
先週の土日、1泊で鹿児島に行ってきた。
猫の神様が祭ってあるという猫神神社へ参拝したり、市電に乗ったり、桜島をちょっと見に行ったり。
あとは食べることのみであまり観光旅行らしきことはしなかったのだが。
ニッポン居酒屋紀行でおなじみの太田和彦さんが訪れた鹿児島の居酒屋「菜菜かまど」で一杯できたのは収穫だった。

画像は鹿児島市の繁華街、天文館にある「くろいわ」のくろいわラーメン。
これが典型的な鹿児島ラーメンだそうだ。
s-DSCF1860.jpg

750円とちょっと高めだ。
とんこつ系だが博多のとんこつラーメンとはだいぶ違う。
スープはとんこつスープだが味はあっさり。
麺は博多のように極細ではない。
香ばしい、こがしねぎがトッピングされているのが特徴だろうか。
で、なんといっても最大の特徴は注文するとまず大根の漬物が出されること。
s-DSCF1859.jpg

これは印象的だった。
鹿児島滞在中、3軒のラーメン店に行ったのだがいずれもこのスタイルは同じだった。
ラーメンが出されるまで漬物で時間をつぶしてくださいとのことだろうか。

鹿児島市は実にたくさんのラーメン店が点在しそれだけでとんこつラーメン好きの私にとっては魅力的な街だった(笑)


マッシー

FC2ブログへようこそ!