2013夏 初めてのタイ3泊4日 帰国日

2013夏 初めてのタイ3泊4日
07 /20 2013
2013年6月4日

今日は早くも帰国日。
朝8時過ぎのJALで帰らなければならない。
エアポートリンクはまだ動いていない時間なのでホテル前の通りからタクシーでスワンナプーム空港へ向かう。
タイでタクシーを使うのはこれが初めてとなる。
タイのタクシーはあれこれよくない話を聞いていたのでどうなることやらちょっと楽しみだった。
朝5時前にはホテルをチェックアウトする。
ホテル前の通りで流しのタクシーを捕まえる。
早朝だがタクシーはたくさん走っているのですぐに捕まえることができた。
空港まで行ってくれというと予想通り500バーツだという。
メーターを使ってくれと頼むとどうやらメーターは壊れているようで(運転手の話)400バーツに下がった。
この時点で別のタクシーを捕まえようとしたら350バーツでいいという。
ここで手を打ち空港まで行ってもらう。
早朝のバンコク市内は驚くほど空いており、タクシーの運ちゃんは平気で一般道を100キロで走っている。
おかげで30分かからずに空港に着いた。
空港内には2日目の寺院めぐりの際に見たタイの神様?がいた。
P1140663.jpg

早朝のスワンナプーム空港はとても空いている。
時間があまったので空港内をあちこち見て回る。
展望デッキがあったので行ってみたがまだ暗いせいかさほど見晴らしはよくなかった。
P1140665.jpg
こちらが成田まで連れて行ってくれるJAL。

P1140672.jpg

機内ではまず飲み物のサービス。
トマトジュースをもらった。
P1140673.jpg

続いて機内食。
タイ風の焼きそばのようなものが出てきた。
味噌汁が付いてくるのがありがたい。

P1140674.jpg

このあと、成田空港到着前にパンと飲み物のサービスがあった。
パンというか、マフィンだったような気がする。
P1140677.jpg

定時に成田空港に無事着いて今回の初めてのタイ旅行はおしまい。
今回は初めてということもありゆったりとしたスケジュールにしたが正解だったようだ。
バンコク自体、まだごく一部を見たにすぎないのでもっとあちこち見て回りたいし、タイ料理も今回は行く機会がなかったフードコートを利用してみたいと思った。


さて、こちらの画像。
P1140662.jpg

これは今回宿泊したジャスミンエグゼクティブスイートホテルのテレビのあるチャンネルだ。
なんとフロントの様子をリアルタイムで客室にて見ることができるのだ。
これが意外に面白くて結構な時間見ていたかもしれない。
もちろん音声はないのだが。
フロントに客がいる間はフロント氏はてきぱきと動いているのだが、閑散とし始めるとフロント氏はスマホをずっといじっていた。
そんな様子が意外に楽しめたのだった。

スポンサーサイト

2013夏 初めてのタイ3泊4日 タイ最後の夜ははしごして2食

2013夏 初めてのタイ3泊4日
07 /19 2013
2013年6月3日

中華街を歩き回ったあとはいったんホテルへ戻る。
長い間暑い中歩き回ったので冷房の効いた部屋でちょっと休憩をする。
早いもので明日にはもう帰国日だ。
したがって今晩のご飯がタイ最後の食事となる。
ちょっと休んで疲れをとった後はホテル近くのスクンビット市場を見に行く。
しかし夕方だったせいか、もうほとんどの店が閉まっており閑散としていた。
だが、スクンビットのような繁華街の中にローカルな市場があったのはちょっと不思議な感じ。
P1140606.jpg
今度はやはり近くのショッピングセンターへ行ってみる。
このようなショッピングセンターで特に買い物はないのだが、雰囲気をちょっと味わいに。
行ったのはターミナル21という新しそうなショッピングセンター。
フロアごとにロンドン、東京など名前がつけられて相応のデザインになっている。
買い物をしなくても楽しめる。
こちらはそこで見かけた招き猫。
P1140607.jpg
なんかちょっと変だと思ったらひげがない(笑)

ターミナル21からアソーク駅方面へ通じる通路の天井にはカラフルな傘がいっぱい。
とても涼しげな感じがする。
P1140610.jpg

さて、タイ最後の晩ごはん。
1件目はソイ38の屋台街へ。
タイで食べてみたいと思っていた料理の一つ、カオマンガイを食べる。
カオマンガイは鶏のダシ汁で炊いたご飯の上に茹でた鶏肉がのっている、シンプルな料理。
パクチーだろうか、ハーブの効いたスープも一緒に付いてきた。
確かこれで40バーツ(約120円)だった。
P1140622.jpg
これだけシンプルだと肉自体がおいしくなければ意味がない。
だが、この鶏肉は臭みが全くなくて非常においしかった。
カオマンガイはまたタイに行く機会があれば何度も食べたいと思う料理になった。
今度は宿泊しているジャスミンホテル方面へ戻る。
ホテル前にタイらしいローカルな食堂があって気になっていたので行ってみた。
メニューを見るとなんでもあるようだ。
私が外国人とわかると幸い写真入りのメニューを持ってきてくれた。
タイ風のラーメンのようなのを頼んでみる。
一緒にシンハービールも。
P1140642.jpg
この麺はビーフンを太くしたような感じの麺だった。
上にはパクチーとひき肉が乗っており、スープは塩ラーメンのような感じのさっぱりとした味だった。
パクチーが嫌いな人はいるかもしれないがスープは日本人好みの味だ。
この食堂も値段は大変安かったのを記憶している。

この食堂から外を見るとこんな感じ。
道路のすぐ向こうに宿泊しているジャスミンホテルが見える。
この食堂は安かったし、一人でも気軽に食べられるようなタイ料理があれこれあったのでまたリピートしたいと思った。
なお、私が行った時は子供が給仕していたので英語は通じず(笑)
P1140639.jpg

明日は早朝便で帰国予定。

2013夏 初めてのタイ3泊4日 バンコクの中華街

2013夏 初めてのタイ3泊4日
07 /18 2013
2013年6月3日

午前中はバンコクよりタイ国鉄に乗ってマハチャイという市場と駅が一体となった街を見に行ったが午後はバンコクに戻ってきた。
遅い昼ご飯は中華街で。
中華街に向かう前にウォンウェンヤイ駅近くのタクシン像を見に行く。
大きなロータリーの中央に立派な公園のような敷地が設けられており中央に像が建てられている。
こういうのを見ると外国に来ているのだなあと感じる。
P1140553.jpg

さて、バンコクの中華街に向けて歩いていると猫に会う。
昔、うちにいた猫のミーにそっくりだ。
なんだか懐かしくなる。
南国の猫らしくおっとりしていて人懐こい。
P1140572.jpg

こちらは昔の日本旅館のような建物。
これは日本家屋なのだろうか。
2階中央部分になぜかミッキーマウスの絵が掲げられている。
1階には看板が掲げられているのだが店自体は閉まっているようだし、看板はタイ語なので分からずじまい。
P1140570.jpg

中華街に着いたようだ。
チャイナタウンの看板の後ろは沖縄風の屋根瓦。
P1140597.jpg

メインのにぎやかな通りを歩く。
漢字の看板が多く見える。
漢字だとやはり安心する。
P1140586.jpg

もう昼をだいぶ過ぎている。
少し遅い昼ご飯はこの中華街で取ることにする。
適当に安そうな食堂に入る。
香港の街角にありそうな感じの食堂でワンタン入りのチャーシューメンを食べた。
壁に掲げられているメニュー表は当然中国語なのでなんとなくどんな料理か想像がつき、注文は楽だった。
P1140578.jpg
香港の海老ワンタンメンを思わせるような細いゴムのような麺でおいしかった。
35バーツ(約105円)。

もう少し中華街周辺を歩いてみる。
こちらは長屋のような懐かしい感じのする家屋。
カラフルに彩られているのが面白い。
P1140592.jpg

こちらは香港でよく見かけるようなくたびれたマンション。
だが、撮りたかったのはその手前にあるあやとりのような電線。
この電線はすごい。
ここまで来るとパズルのようだ。
この中華街周辺はとても街歩きが楽しい。
P1140589.jpg

近くに寺院があったので寄ってみる。
ワットトライミットという寺院だった。
P1140599.jpg

お堂の中には黄金仏があるというので見てきた。
大きくはないが本当にピカピカの黄金仏が鎮座していた。
黄金蔵は最初は漆喰でおおわれており、外に雨ざらしにされていたとのこと。
そのためしだいに漆喰の一部がはがれて黄金仏だと分かったのだそうだ。

2013夏 初めてのタイ3泊4日 マハチャイ駅は市場だった

2013夏 初めてのタイ3泊4日
07 /17 2013
2013年6月3日

バンコクのウォンウェンヤイ駅からタイ国鉄に乗ってマハチャイへ。
ウォンエンヤイ駅に入ってきたのはこの列車。
P1140486.jpg

初めて乗る路線はわくわくする。
車内はどんな感じか.....
クロスシート中心の日本でもありそうな感じの座席配置だ。
だが、冷房車ではなく窓を開けて扇風機が大活躍の車両だ。
P1140487.jpg
停まっているときは暑いが動き出せば窓からたくさんの風が入ってくるので苦にはならない。
だが、列車は線路沿いの木々の葉や枝をバサバサとこすりながら走るので(線路沿いの木々の剪定管理がおこなわれていない)なんと窓から車内に枝の切れ端や葉っぱが入ってくる。
こういう経験は初めてだ。
そういえば冷房のない列車、私が子供のころは地元の私鉄や路線バスもそうだった。

このタイ国鉄、驚いたのは列車のドアを開けたまま走っていること。
P1140490.jpg

これは危ないが南国らしさも感じる。
車窓はのどかな風景そのものでとても楽しめた。
1時間ほどで目的地のマハチャイ駅に着く。
なんとこのマハチャイ駅も駅自体が市場になっていた。
P1140510.jpg

この駅でしばらく市場の雰囲気に浸っているとすでにこの駅に到着していたバンコク方面行きの列車が発車する。
まずは駅の周囲の風景を。
ここは駅前の屋外の市場。
奥に列車が見える。
P1140496.jpg

P1140497.jpg

そろそろバンコク行きの別の列車が発車するようだ。
列車は動き初めているがこのとおり、まだ人がいっぱい。
よく事故が起きないものだと思う。

P1140501.jpg

駅員が出てきて人の流れを整理する。
列車のお通りだと言わんばかりに警笛を鳴らしていく。

P1140503.jpg

こんな間近で撮影できるのもまた意外に楽しい。

20130603_104201.jpg

で、列車が過ぎていて行くと市場はまた線路にお店を広げて商売を始める。
列車の本数は多くはなく、1時間に1本程度。
私のような初心者にも利用しやすい。
P1140509.jpg
市場の野菜をあれこれ見て回ったが日本では見かけないものも多い。
トマトやキュウリなどももちろんあり、日本のとどんな味の違いがあるのか買って食べてみたいが安くても量が多そうな感じだ。

マハチャイ駅構内のホームももちろん市場になっている。
ここの八百屋ではタケノコが売られていた。
タイでもタケノコを食べるらしい。

P1140542.jpg

こちらはマハチャイ駅に停車中の列車の中から撮ったもの。
駅のホームが市場なので窓からはこんな感じで市場の風景が楽しめるのである。
P1140534.jpg


駅近くに寺院があったのでちょっと寄ってみた。
昨日見たような金ぴかの寺院ではなく白を基調とした建物だ。
同じ仏教でも日本や韓国のお寺とはやはり全然違う。

P1140523.jpg

マハチャイ駅は駅の中だけではなく周囲にも非常にローカルな市場が広がっておりとても楽しめた。
タイに来て3日目。
ここで初めて自分の中でイメージしていた東南アジアの風景を見た感じがした。

2013夏 初めてのタイ3泊4日 2つのウォンウェンヤイ駅

2013夏 初めてのタイ3泊4日
07 /15 2013
6月3日

タイ3日目。
今日はタイ国鉄に乗って郊外のマハチャイまで行くことにしている。
BTSのような新しい乗り物ではなく、昔からあるタイの鉄道に乗りたい。
まずはホテルで朝ご飯。
昨日と同じバイキングだが、並んでいる料理は少しずつ異なっていたので楽しめた。
卵料理をその場で作ってくれるコーナーがあったので目玉焼きを作ってもらう。
手前に見えるきしめんみたいなのはタイ風の焼きそばのようだ。
見た目は普通の焼きそばなのに、とても辛かった。
P1140435.jpg

ホテルを出て地下鉄でまずはバンコクのターミナル駅である、フアラムポーン駅を見に行く。
バンコクの玄関口の駅は見ておきたい。
なお、朝8時には国歌が流れるのでそれに合わせてホテルを出た。
P1140442.jpg

ここがフアラムポーン駅。やはりターミナル駅だけあって規模が大きい。
朝8時、時報とともに駅構内に大音量でタイ国歌が流れる。
待合用の椅子に座っていた人たちはみんな起立して国歌を聞く。
この時間だけは駅構内を歩く人はほとんどいなくなる。
この様子をうまく動画に取ることができた。(ここで公開はしないが)
ちょっとしたタイの雰囲気を味わった後はウォンエンヤイ駅へ。
ウォンエンヤイ駅はBTSの駅と国鉄の駅の2つがあり、互いの駅の距離は離れている。
こちらがBTSのウォンエンヤイ駅。
P1140455.jpg

P1140456.jpg
BTSの駅はどこも明るくて整備されており、とてもきれいだ。
BTSのウォンエンヤイ駅から徒歩で15分くらい歩くと国鉄のウォンエンヤイ駅に着く。
国鉄の駅の方はBTSの駅とは反対に生活感を感じることができる、私好みの雰囲気の駅だった。
ここが国鉄ウォンエンヤイ駅の入り口。
P1140458.jpg
だが、中に入ると....
こんな感じ。
単線でホームはここ、片側一つのみ。
ホーム上は市場のようになっており、さっきのBTSのウォンエンヤイ駅とは全然雰囲気が違う。

P1140473.jpg

このホームの先の方に行ってみる。
ホームの先の方までずーっと市場のように小さな店が連なっていた。
線路には草が茂っており、ここに本当に列車が来るのかどうかちょっと不安になった。
P1140475.jpg
まだ列車が来ないようなので駅の付近を歩いてみる。
周辺も市場のようになっていた。
P1140477.jpg
こういう所はいくら歩いても飽きない。
列車が来る時間になったので切符を買いに行く。
切符売場の窓口は1か所のみ。
P1140466.jpg
この小さな窓口で目的地のマハチャイまで切符を買う。
所要は1時間ほど。
切符はこんな感じ。
昔の韓国の鉄道の切符によく似ている。
P1140468.jpg

気になる運賃だが、なんと10バーツだ。(約30円)
1時間ほど乗るのに。
BTSの運賃との違いにちょっと驚かされる。
警笛の音とともにホームに列車が入ってきた。
これは日本では見られない光景かもしれない。

P1140481.jpg

マッシー

FC2ブログへようこそ!