銘菓ひよこじゃなくて銘菓ピオッコ?

2015春の香港2泊3日
09 /27 2015
2015年8月11日

4日目

早いもので夏休みの韓国旅行ももう4日目。
今日はソウルへ移動する。
それでは朝ごはんを食べにモーテル近所の食堂へ。
大邱最後のご飯はこちら、本家技士食堂。
P1250191.jpg
タクシー運転手御用達の食堂だ。
今回宿泊したトップモーテル並びには数年前にはいくつか技士食堂が点在していたが、いつのまにかなくなっていた。
過去の自分の旅行記録を見ると、2009年8月の大邱訪問の際にはトップモーテル近くのヨンドク技士食堂へ行っているが、これもなかった。
今回の本家技士食堂はトップモーテルから少し奥の道沿いにある食堂で利用は初めてだ。
メニューはこちら。
P1250189.jpg
やっぱり一番左上の「定食 5000W」がいいかな。
店内は一人で食べに来ているアジョッシが多い。
しばらくすると「定食」が運ばれてきた。
P1250190.jpg
おかず10品にご飯とスープ。
スープはユッケジャンで、これがめちゃくちゃおいしかった。
韓国のおかずというとキムチをまず思い浮かべるが、こちらのおかずでキムチは白菜キムチの1種類のみ。
ナムルのほうが多かった。
焼き魚が右下に写っているが、これはサバ。
白菜キムチの左にあるのはさつま揚げのような練り物と小さなウインナー。
これが子供向けの甘口タイプで意外においしい。
普段の朝はこんなにたくさん食べないのだが、旅先の朝はちがう。
きれいにたいらげてしまった。
それでは東大邱駅からKTXに乗ってソウルへ。
と、東大邱駅のKTXホームでちょっと面白いものが売られていたので1つ購入。
こちら。
P1250193.jpg
包材には「カステラケーキクリームまんじゅう 銘菓ピオッコ」とある。
ひよこの形をしたお菓子だ。
どこかで見たことがあるような(笑)
日本の銘菓ひよことは全く異なるものなのだが。
P1250197.jpg
ひよこのような形をしている人形焼のようなお菓子だ。
店頭で温めて売られていたのでアツアツだ。
中はクリームが入っていた。
P1250195.jpg
生地はしっとり、しかも中のクリームまでアツアツ。
アツアツのクリームのお菓子というのは日本では食べたことがないかもしれない。
韓国のお菓子らしく、甘さはかなりきつかった;;
包材を見ると
P1250199.jpg
当日製造、当日販売をしていることと、保管は密閉容器に入れて要冷蔵保管とのこと。
このお菓子と乳酸菌飲料、コーヒーを飲みながらソウルまで過ごす。
P1250192.jpg

ソウルまではKTXの特室(グリーン車)を使ったがやっぱりゆったりしているし車内も静かなので快適だった。
3か月ぶりにソウル駅に降り立つ。
ソウルも大邱に負けないくらい暑い。
P1250201.jpg

P1250200.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015春の香港2泊3日の旅 最終日

2015春の香港2泊3日
05 /22 2015
2015年4月

3日目

今日は午前便で帰国なので観光の予定はなく、帰る行程のみ。
朝ごはんはどこか飲茶を楽しみに行きたいことろだが、時間がない。
時間を気にしながらの飲茶はつまらないはず。
というわけでホテルの朝食を食べることにする。
宿泊している萬年青酒店の朝食はバイキングだが豪華なものではなく、必要最低限の料理が揃っているという感じだ。
P1230531.jpg
ご飯は香港らしい少し細長いタイプでパサパサのもの。
これはこれでおいしい。
黄色いシュウマイも香港ならでは。
こちらは左から豆料理、ポテサラ、ピリッと辛いマカロニサラダ、そして右のカラフルなのはココナツパウダーがかかったぜりーのようなもの。
P1230532.jpg
このカラフルでココナツパウダーがかかったゼリーのようなものは確かシンガポールのイスラムの露店でも見かけたのを覚えている。
こちらは味噌汁。
P1230533.jpg

日本の味噌汁そのものだ。
まさか香港のホテルで味噌汁が出てくるとは思わなかった。
このホテルで日本人を見かけることがなかったのだが。
名残惜しいが食後は空港へ。
こんな風景はしばらくお預けだ。
P1230541.jpg

次回香港の際もこの萬年青酒店に宿泊したい。
立地はとてもいいし、値段も許容範囲だ。日本の古いビジネスホテルレベルだが私にはそれで充分だ。
香港空港ではキャセイパシフィック機がずらりと駐機していた。
いつもJALばかり利用しているがキャセイパシフィックもいつか乗ってみたい。
P1230542.jpg
で、こちらが成田までお世話になるJAL機。
隣には梅の花マークの中華航空が見える。
このまま台湾へ行けたらいいのだが。
もうこの後は機内食しか楽しみはない。
P1230544.jpg
機内食はこんな感じ。
カレーだったか。
ハーゲンダッツが付いてくるのはやはり嬉しい。
飲物はトマトジュースをもらった。
P1230545.jpg
食後にはコーヒーを。
JALのコーヒーは香りがよくて存在感のある味で気に入っている。
紙コップにJALの鶴のマークが描かれている。
以前、テレビで見たのだがCAさんが機内サービスでコーヒーを乗客に出す際、このマークがお客さんに見えるような向きで紙コップを渡すのがルールだそうだ。
今回も鶴のマークが私に見えるような向きでコーヒーを渡してくれた。
P1230551.jpg

というわけで春の香港2泊3日はこれでおしまい。
今回も無事に出発でき、楽しく過ごし、無事に帰れたことに感謝。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2015春の香港2泊3日の旅 麺のお店を2軒はしごして2日目終了

2015春の香港2泊3日
05 /17 2015
2015年4月

2日目

アイリッシュパブでビールを2パイント分飲んだら今度は麺を食べたくなってきたのでお店を出る。
明日は帰国だがもう一度大好きな海老ワンタンメンを食べたい。
ホテル近くのお店へ行く。
ここは以前も訪れたことがあると思う。
P1230509.jpg
このお店がある通りには何軒か麺類専門の店が立ち並んでいるので店内を見て満席でない店に入ればよい。
しかし、漢字というのは日本人にとって本当に便利だと感じさせられる。
この店だって看板を見れば麵の店だとすぐにわかるのだから。
迷わず海老ワンタンメンを頼む。
「ワンタンミン」と言えば海老ワンタンメンが出てくる。
ワンタンというのは広東語らしい。
P1230508.jpg
台湾の麺料理のように小さな器で出てくる。
極細の麺はしっかりとコシがあるしスープはきちんと美味しいダシが出ている。
ワンタンの中のえびはプリプリ。
これでしばらくは海老ワンタンメンはおあずけだ。
量が少ないのでもう1軒。
香港の街なかでは日本のラーメン屋さんをよく見かけて気になっていた。
なのでこんな店に入ってみた。
P1230513.jpg
豚骨らーめん 達人
という店だ。
店内に入ると「イラッシャイマセ!」と声がかかる。
カウンターに座る。
P1230510.jpg
こんな貼紙があった。
やはり漢字は便利だと感じさせられる。
麵の固さ、スープの味の濃さなどの要望を聞いてもらえるらしい。
魚介豚骨ラーメンを頼む。
P1230512.jpg
うん、なかなかのおいしさ。
一瞬、香港にいることを忘れてしまう味だ。
麵の量が多い。
値段は日本円に直すと約720円程度。
だが、帰る際にレジでお金を払おうとすると今日は半額だという。
これは大歓迎だ。
レジのお兄さんから味について英語であれこれ聞かれる。
試しに日本語でしゃべったら、ニホンジンデシタカ!と驚かれる。
とてもおいしかったです、と言って店を出た。
ホテルへの帰り道、パン屋で老婆餅(冬瓜の餡が入ったパイ生地の中華菓子)とエッグタルトを買う。
P1230524.jpg

P1230525.jpg
今夜は高カロリー食になってしまったが今日一日たくさん歩いたのでいいか。
普段はこんな食事はしないし。
さて、ホテルへ帰ってバスタブにお湯を入れようとしたら......。
P1230521.jpg
巨大ゴキブリが私の帰りを待っていてくれた。
謝謝!(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2015春の香港2泊3日の旅 許留山でマンゴーデザート

2015春の香港2泊3日
05 /11 2015
2015年4月

2日目

北角からの帰り道、黄大仙に寄ってみる。
香港のパワースポットの一つらしい。
土曜日の昼下がりの時間帯だったがとてもにぎわっていてびっくりした。
台北の龍山寺のにぎわいを思い出す。
日本の静寂なお寺をイメージしていくと全く違うものと思い知らされる。
P1230489.jpg
ご利益があるかどうかは本人の日常の心がけ次第だと思うがそれでもお参りはしてくる。
その後、ホテルへ戻り一休み。
クーラーの効いた部屋がとても気持ちいい。
香港はすでに夏だと感じる。
香港に来て蛇も食べたし海老ワンタン麺も食べたし、飲茶も楽しんだ。
そうそう、マンゴーのデザートはまだ食べていなかった。
毎度おなじみ?の許留山へ行く。
この店はあちこちにあるので助かる。
P1230499.jpg
今回はこんなデザートを頼んでみた。
この店は写真入りメニューがあるので注文しやすくて助かる。
頼んだのはこれ。
上から見ると
P1230495.jpg
ココナツミルクの中にマンゴーをカットしたものがたくさん入っている。
横から見ると
P1230496.jpg
底の部分には黒い層があるのが分かる。
この黒い層の正体は
P1230498.jpg
これは黒米のもち米のようだ。
これがココナツミルクに恐ろしくよく合っている。
味は小豆にちょっと似ているか。
あちこち歩き回って疲れていたがこのデザートを食べて元気が出てきた。
ホテル近所にあったスーパーで少しお土産を買う。
スーパーの入り口にはヤクルトが大量に積まれている。
外の暑い中にこうして置いておいて大丈夫なのだろうか?
P1230500.jpg
夕方、チムサチュイのアイリッシュパブへ行く。
前回の香港旅行の際にチェックして置いた店だ。
デラニーズ(Delaney's)という店だがすっかり店の写真を撮るのを忘れていた。
中はとてもいい雰囲気だ。
さっそく大好きなギネスを。
P1230504.jpg
日本のスーパーでも缶のギネスが売られているがやっぱりサーバーから直接注がれたものはおいしい。
まわりのお客さんは場所柄欧米人ばかりだ。
ギネスの次に頼んだのはキルケニー。
P1230505.jpg
これは初めて飲むビールだ。
キルケニーという名前は実際にアイルランドにあるキルケニー州の州都だそうだ。
ビール醸造の歴史も古いという。
肝心の味だが、ギネスと似ていてこれもおいしい。
ギネスよりもおとなしい味だが、それでも存在感を楽しめる味だ。
このパブでビール2杯(2パイント)飲んだら今度は麺が食べたくなってきた。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2015春の香港2泊3日の旅 北角のお気に入り風景

2015春の香港2泊3日
05 /09 2015
2015年4月

2日目

それでは街の中心部を走るトラムに乗って北角へ。
北角にはお気に入りの風景がある。
中環からは40分ほどの所要時間。
ゆっくりとトラムは走っていく。
北角の終点に近づくとこんな感じ。
これはトラムの2階から見た風景。
P1230463.jpg
トラムの線路の両サイドは市場のようになっている。
正確に言えば線路の両サイドは古ぼけた高層マンションで1階部分が市場のようになっている。
だから当然、人が多く集まっていてトラムが接近してもなかなかどかない。
ちょっとカオスなこの風景が気に入っている。
このトラムは中環から乗ってきた車両。
P1230466.jpg
車体には化粧品の広告だろうか、白いデザインの広告が描かれている。
すぐに白い肌になります?みたいな感じか(^-^;
トラムの車両にラッピングされているいろいろな広告を見るのも楽しみの一つ。
北角の終点でトラムを下車して先ほどのカオスな市場方面へ行く。
次のトラムがこちらへ接近している。
P1230479.jpg

P1230474.jpg
いろいろなデザインのトラムが次々とやってきて見ていて飽きることがない。
市場のにぎわいとこのトラムは本当によく合っていると思う。
市場では肉類や野菜を中心に売られている。
とくに30センチくらいの細長いナスはあちこちで売られていた。
日本のナスと味の違いがあるのか気になるところだ。
昼はこの近所にあったチェーン店のお粥屋さんへ。
韓国でおかゆを食べるととても高いご馳走になってしまうが香港では値段はあまり気にせずに美味しいお粥が食べられる。
このお店。
P1230487.jpg
確か、宿泊しているホテルのある佐敦、ネイザンロード沿いにもあったはず。
メニューは漢字のほかに簡単な日本語でも書かれている。
海皇一品粥とゆで野菜を注文する。
魚肉、鶏肉、かまぼこなどの練り物が入った具だくさんのお粥だ。
お粥の値段は日本円換算で500円くらいだったか。
魚のダシだろうか、豊かな味がきちんとしたお粥でとてもおいしかった。
P1230486_2015050919492695d.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

マッシー

FC2ブログへようこそ!