千切りきゅうりいっぱいのナクサン冷麺を食べてから帰国

2016年夏の韓国4泊5日の旅
11 /10 2016
2016年8月17日(水)

5日目

長いと思っていた夏の5日間の韓国旅行もそろそろおしまい。
遅めの昼ごはんを食べてちょっと周辺をブラブラ歩いたら空港へ向かう。
遅めの昼ごはんは東廟前駅から歩いて数分のところにあるナクサン冷麺。
韓国の人気料理バラエティ番組、三大天王で出てきた冷麺専門店だ。
P1290713.jpg
昔は昌信洞のトンネの頂上付近にあったようだが、再開発のため市街地に近い方へ移転してきたことを番組で知る。
この冷麺専門店は辛さが人気の店のようで、メニューも辛さごとに分かれている。
P1290706.jpg
激辛、普通の辛さ、弱い辛さ、全く辛くない味の4種類があっていずれも6500W、大盛りは3000W増し。
辛い味だとスープのさっぱりとしたおいしさが分からなくなるので全く辛くない味のを注文した。
もう午後2時半過ぎだというのに店内は混雑している。
しばらくして注文した冷麺が運ばれてきた。
P1290711.jpg
番組で見た通り、キュウリの大きな千切りがいっぱい入っている。
食べても食べてもなかなかキュウリが減らない(笑)
スープはさっぱりしているのだが、お酢が強すぎだ。
一口目でむせてしまう。
店内の壁には
P1290709.jpg
冷麺に酢と砂糖は(あらかじめ)入っているから召し上がってみてから追加で入れるように、との注意書きが貼られている。
予め酢が入っているのは分かるが入れすぎのような気がする。
たっぷりのせん切りキュウリから出る水分で最終的にはバランスが取れる味になる計算なのかな。
韓国最後の食事はちょっと期待外れになってしまったが帰国すればこれもいい思い出に変わる。
食後はお店の周辺をブラブラ歩きつつ帰国までの中途半端な時間を過ごす。
これはお店の近く、崇仁公園の近くだったか。
暑いのは分かっているがついついこういう道を見つけて歩いてしまう。
P1290721.jpg
昌信洞の市場方面へ遠回りして歩くとこんな崖のある集落が見えてきた。
大地震でも起きたら怖いなあと思ってしまう。
このあたりはやはり山の斜面に広がる町だということが分かる。
P1290725.jpg
鍾路3街へ戻り預けてある荷物を持って601番の路線バスで金浦空港へ。
鍾路3街のバス停はいろいろな路線のバスが次々にやってきて一度に何台も停まるので自分の乗る予定のバスを瞬時に見つけて乗り込むのはちょっとしたスリルがあって面白い。
P1290740.jpg

P1290744.jpg
601番のバスに乗って50分ほどで金浦空港の国際線ターミナルに着く。
この路線バス利用だと地下鉄みたいに地下道や階段をたくさん歩く必要がないので楽ではある。
金浦空港で夕日に照らされた羽田空港行きのJAL。
P1290745.jpg
毎回この夕日に照らされた飛行機を見るともう旅もおしまいだと感じされられる。
そういえば初日、行きのJALのソウル金浦空港行きの便ではダウングレードで迷惑料1万円をいただいたのを思いだしたがはるか昔のように思える。
機内食はこんな感じ。
あんかけ風の鶏肉だったか。
温かい機内食が出るようになってだいぶ改善されてきたようだ。
P1290747.jpg

P1290749.jpg
というわけで夏休みの5日間の韓国旅行はこれでおしまい。
今回も無事に出発し、現地で楽しく過ごし、無事に帰れたことに感謝。
このあとの韓国旅行であるが、10月28日~30日の3日間、そして翌週の11月5日~7日の3日間と実はすでに2週連続訪韓し、今話題の大統領退陣を求める大規模デモをたまたま目の当たりにしてきたがそれはまた別の話(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

韓国初のゾンビ映画「釜山行き」を観てからナクサン公園野良猫給食所へ

2016年夏の韓国4泊5日の旅
11 /08 2016
2016年8月17日(水)

5日目

この日も朝からとても暑い。
帰国便はJALの夜便なので夕方あたりまでは時間を自由に使える。
といってもずっと街歩きではあまりの暑さに体がもたないのでこの日は涼しい映画館で避暑を兼ねて映画鑑賞もした。
20160817_082209.jpg
映画「釜山行」。
前日夜に映画館の窓口でチケットを買った。料金は9000W(約900円)。
韓国初のゾンビ映画とされ、この夏大人気だった映画の一つ。
興味を引いたのはこの映画の舞台がソウル発釜山行きのKTXの車内ということ。
韓国旅行ではよく利用する、身近な存在である高速鉄道のKTXが舞台となっているだけにストーリーはとても楽しめた。
映画を観た場所は鍾路3街のソウル劇場。
P1290700.jpg

他にもいろいろ観たいと思った映画があったが時間的に1本見るのが精いっぱい。
映画を観た後は昌信洞をブラブラしつつナクサン公園まで歩く。
P1290660.jpg

P1290682.jpg
城壁が続くナクサン公園はとても雰囲気があるがこの暑さのなか歩き続けるのはきつい。
しばらく公園内の道を歩いているとこんなものを発見する。
P1290688.jpg
キャットフードと水が置かれている。
野良猫給食所と書かれている。
P1290687.jpg
動物保護の団体が行なっているようで、とてもいい試みだとは思う。
が、人家の近くで暮らす野良猫にとってここナクサン公園は若干離れている。
こんな人家離れた場所までわざわざ野良猫がここまでエサを食べに来るとは思えないのだが。
じっさい、このナクサン公園周辺で野良猫を見かけることはなかったし。
ナクサン公園頂上付近にバス停があり、タヨバスが停まっている。
P1290679.jpg
このバスに乗って今度はちょっと遅めの昼ごはんを食べに行く。
料理バラエティ番組の3大天王で出てきた、ナクサン冷麺へ行ったのだがそれはまた別の話。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

夏の韓国旅行最終日の朝ごはんは200円のクッパ

2016年夏の韓国4泊5日の旅
10 /31 2016
2016年8月17日(水)

5日目

朝のニュースを見る。
天気予報ではお天気お姉さんが今日のソウルの最高気温は35度と言っている。
P1290643.jpg
朝ごはんは宿から歩いて数分のところにある、楽園商街近くのこちらの店。
ソムンナンチプ。
クッパしかメニューがないので座れば何も言わなくてもクッパが運ばれてくる。
最近、お店の看板を新しくしたようだ。
看板の左には小さく「ソンヘの店」と書かれている。
韓国の長寿番組である全国のど自慢の名司会者、ソン・ヘがこの店の常連だということはテレビのバラエティ番組で知った。
P1290653.jpg
運ばれてきた2000W(約200円)のクッパはこちら。
一緒にカクテギが付いてくる。
年配客が多いせいか、ご飯は少し柔らかめに炊いてある。
P1290648.jpg
干し大根葉と豆腐しか具は入っていないが汁はご飯によく合うピリ辛味でとてもおいしい。
店内を見回すと年配の一人客がほとんど。
朝からマッコリで一杯やっている人もいる。
P1290651.jpg
外にもテーブルが置かれていて食事ができるようになっている。
なんか、東南アジアみたいな風景だ。
P1290654.jpg
では暑くならないうちに街歩きを。
地下鉄の構内でこんな貼紙を見つける。
P1290656.jpg
「地下鉄テロ予防」
「小さな努力で可能です」
「地下鉄内に生活ごみを持ち込み禁止」
とある。
昔はこんな内容の貼り紙なんてなかったのに物騒な世の中になったものだと感じる。
いっぽうこちらにも韓国らしい貼り紙。
P1290658.jpg
防衛訓練である乙支演習のお知らせだが右下には8月24日14時は民防衛訓練実施とある。
町中にサイレンが鳴り響き国民はみんな地下などの待避所に避難する。
韓国映画「チルスとマンス」の冒頭がたしかこの民防衛訓練のシーンだったのを覚えている。
韓国が終戦ではなく休戦状態にあることを認識させられる貼り紙だった。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

釜山名物テジクッパとソウル長寿マッコリの組合せをソウルで楽しむ

2016年夏の韓国4泊5日の旅
10 /27 2016
2016年8月16日(火)

4日目

買い物などを終えて宿に戻るともう夕方。
暑い一日が終わろうとしている。
のども渇いてきたしお腹も空いてきた。
今晩はどの食堂へ行こうかあれこれ考える時間が楽しい。
結局鍾路3街のタプコル公園わきの草原食堂へ行った。
20160816_190823.jpg
いいでしょう?この飾り気のない庶民的な感じの店構え。
この並びのユジン食堂は観光客に人気の食堂だがこの草原食堂は一人飲みのアジョッシたちが多く訪れるローカル感いっぱいの食堂だ。
さらにこの食堂では釜山名物のテジクッパが食べられる。
さっそくテジクッパを食堂のアジョッシに注文する。
が、今日はもうないよ、と言われる。
しかし、一応冷蔵庫の中などを見て材料を確認してくれている。
あ、大丈夫、作ってあげるよと言われた。
一安心。
一緒にソウルの地マッコリである長寿マッコリも。
20160816_184417.jpg
テジクッパを食べる時は釜山名物ゆえ釜山で食べることが多く、したがって一緒に飲むマッコリも釜山の地マッコリであるセンタクが多い。
なのでテジクッパとソウルの長寿マッコリの組合せは貴重だ。
3000Wの安さなので釜山の専門店のようにアミの塩辛とかその他調味料やおかずはつかない。キムチのみ。
店内に大きなメニューが貼られている。
20160816_184130.jpg
食事類はだいたい3000W程度、高くても5000Wと非常に安い。
この草原食堂、なんと店の前でニワトリを飼っている。
そのニワトリがコッコッ鳴きながら店内に入ろうとするのをお客さんに追い返されている。
のどかな光景に思わず笑ってしまう。
20160816_190757.jpg
この上の画像は何の考えもなくたまたまシャッターを押して撮ったものだがよく見るととても意味ありげな画像だ。
➀ニワトリが食堂の前でウロウロ
②食堂の左のガラスドアにはタッカンマリ(鶏水炊き)の文字
③その隣には大鍋
偶然撮れたこの写真が気に入ってしまった。
この後はブラブラと乙支路方面へ歩いて冷麺の名店、乙支麵屋へ。
P1290632.jpg
この店の冷麺は香り豊かだしスープも飲めば飲むほど味を分かってきて病みつきになる味。
乙支麵屋の店内でこんな貼紙を見つけた。
P1290635.jpg
1937年の北朝鮮咸鏡南道咸興市の地域の地図のようだ。
そうそう、この店の創始者の故郷は北朝鮮だったのを思いだした。
帰り道、鍾路の路地でこんな貼紙を見つけた。
P1290625.jpg
末伏、今日は韓国では暑気払いの滋養食を食べる日だ。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ソウルの昼ごはん イミラーメン(日本のイミテーションラーメン)を食べに行く

2016年夏の韓国4泊5日の旅
10 /24 2016
2016年8月16日(火)

4日目

これから食べる昼ごはんの食前酒として冷たいマッコリを飲んだのでさっそく昼ごはんを食べに行く。
韓国の人気料理バラエティ番組「三大天王」に出てきたラーメン店へ。
お店は景福宮駅近くのゴミゴミした路地にあった。
P1290590.jpg
小さな可愛らしい食堂だ。
さっそく中へ。
お客さんでにぎわっているが客層は学生ばかり。
なんだか学食にいるみたいだ。
メニューはこちら(一部)
P1290583.jpg
番組にも出てきた、上から3番目の「イミラーメン」を頼む。
ご飯付きで4500W(約450円)とのこと。
いっぽう、こちらには吹き出し風に別の案内文がある。
「水、たくあん、キムチはセルフサービスです。残さないでね」
とのことだ。
P1290589.jpg
食堂はアジュンマ一人でやっていてとても忙しそうだ。
しばらくして注文したイミラーメンが来た。
イミラーメンとは豚肉やもやしなどが入った日本のラーメンをまねた、イミテーションラーメンのことだそうだ。
20160816_124423.jpg
ラーメンはもちろんインスタントの辛ラーメンで作られている。
トッピングされる具がバラエティに富んでいて面白い。
P1290586.jpg
たっぷりのえのきだけ、もやし、薄切りの豚肉が入っている。
具の量は多く、値段相応だと思う。
えのきだけともやしと薄切りの豚肉、日本のラーメンはこんなイメージなのかと思ってしまうがおいしいことに変わりはない。
具と辛ラーメンの味はよく合っていると思う。
笑ってしまうのがこの大盛りのごはん。
これまたまんが日本昔話に出てくるような大盛りのご飯だ。
P1290587.jpg
インスタントの辛ラーメンを使った、バラエティに富んだ美味しいラーメンを食べられて収穫だった。
食後、付近の路地をブラブラ。
猫が歩いていたので呼ぶと振り返ってカメラ目線をしてくれた。
P1290601.jpg
こちらは懐かしい感じのクリーニング屋さん。
韓国のクリーニング屋さんはなぜか店名に「コンピュータ」という言葉が付く。
理由はいまだにわからず。
P1290604.jpg
このあとお土産など買い物をして過ごす。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

マッシー

FC2ブログへようこそ!