ソウル 大福マートの女将さん一押しの韓国スナック菓子

2016年秋の韓国2泊3日の旅
02 /18 2017
 昨年の秋に韓国を訪れた際にソウル乙支路の工場街にある大福マートでビールとおつまみを楽しむ、韓国風の角打ちを楽しんできた記事をすでにアップしているが、その大福マートの女将さん一押しの韓国のスナック菓子についての記事を。
 先週名古屋で行われた韓国の紀行作家である鄭銀淑さんの韓国旅行講座の中でY社長に指名されてその時の様子を少しお話させていただいたが、その続編ということで。

大福マートで一杯やった時の記事はこちらから。

狭い店内の商品棚にはぎっしりと韓国のお菓子が陳列されており、女将さんにおすすめの韓国菓子を聞いたところ、「このお菓子は日本のおこしに似ていて美味しいのよ」と教えていただいた。
さっそく買って帰ったのだがそのまま未開封のままにしていたのでさっそく開けて食べてみた。
包材はこちら。
20170218_121033.jpg
商品名はオリオン タンコンカンジョン。
タンコンは落花生、カンジョンは韓国の伝統菓子の一つでもち米などを揚げて回りに蜂蜜を浸して胡麻やきな粉などをまぶしたものの意味。
仁川のタッカンジョン(鶏のから揚げに甘辛ソースがかかったもの)もそれに由来しているのかと気づく。

このタンコンカンジョンというスナック菓子は1袋1500W(約150円)。
中身はこんな感じ。
20170218_121330.jpg
食べてみると日本のおこしそのもの。
ピーナッツが香ばしくておいしい。
これ、東京の浅草で買ってきたよ、と言っても誰も疑わないだろう。
日本人に大変なじみやすい味、というか懐かしい味だ。
これはコーヒーよりもやはり日本茶が合うだろう。

包材の裏に商品の説明文があった。
20170218_121248.jpg
「香ばしいピーナッツとパフされたつぶつぶをおいしく混ぜて真心こめて作った伝統韓菓スナックです」
とある。
そういえば、仁寺洞をブラブラしていた時にこんなお菓子を見たのを思いだした。
原料のピーナッツは分かったが、このつぶつぶの正体が分からない。
原材料の一括表示欄を見ると「カンジョンペレット」というものが使われている。
カンジョンペレットはイタリア産小麦粉、でんぷん、ぶどう糖、酸度調節材、砂糖で作られているようだ。

韓国のスナック菓子はあれこれ食べてきたがこのお菓子は初めて知った。
未開封なら賞味期限も半年程度もあるしお土産にぴったり。
鄭銀淑さんの本を片手に一杯飲みに行ったよろず屋のようなお店だったが韓国のお菓子のことも知ることができて大きな収穫だった。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

明け方までやっている飲み屋屋台街を前に後ろ髪を引かれる思いで帰国

2016年秋の韓国2泊3日の旅
12 /09 2016
2016年10月30日(日)

3日目

最終日は早朝便での帰国のため記事としてはその行程の内容のみ。
朝8時のJAL、ソウル金浦空港発羽田行きに乗るべく明け方5時半過ぎに宿を出る。
まだ辺りはまっくら。
鍾路3街の飲み屋屋台街はこの時間どんなふうになっているかというと
20161030_054614.jpg
この写真を撮った時間は5時46分。
明け方というよりもう朝だがズラッと飲み屋屋台が連なっている姿は何度見ても驚かされる。
ここでゆっくり飲んで帰国できたらなあと後ろ髪を引かれる思いでタクシーを捕まえる。
早朝なので金浦空港までは25分もかからずに着いた。
どの道もガラガラでタクシーの運転手がカーレースさながらのスピードを出したせいだろう。
金浦空港に着くとあたりが明るくなり始めていた。
この飛行機が羽田行きのJAL。
20161030_073427.jpg
8時に金浦空港を出発すると10時には羽田に着く。
したがって自宅には昼前には着いてしまうという、大変便利な便である。
飛行機は金浦空港を飛び立つと漢江沿いに飛ぶ。
これは汝矣島上空。
20161030_082050.jpg
その後すぐにソウルタワーが見えてきた。

20161030_082113.jpg
機内食はこんな感じ。
オムレツとソーセージ、韓国製のヨーグルトなど。
金浦空港8時発のJALの機内食に限ってこれまではごく簡単なサンドイッチなど簡単な内容だったが改善されたようだ。
20161030_084800.jpg
定刻通りに羽田に到着、帰路に着いた。
毎回、最終日というのはブルーな気分になっているが今回はさほどブルーではない。
この1週間後の11月5日~7日も韓国へ行くことになっているので。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

大統領退陣集会を見てから軽く晩ごはん

2016年秋の韓国2泊3日の旅
12 /04 2016
2016年10月29日(土)

2日目

夕方、仁川からソウルの宿に戻ってきた。
この時期のソウルは暗くなると急激に寒くなってくる。
宿近くの屋台でホットクなどつまんでいたらお腹が空かなくなってしまった。
歩き疲れたしとりあえず部屋で一休みする。
P1300189.jpg
横になってテレビニュースなど見ていたが寒いことに気づく。
外もだいぶ寒いのにオンドルの暖房が入っていない。
風邪をひいているわけではないので外気による寒さのせいだ。
どうにも寒いので受付に降りていって暖房を入れてくれるよう頼んだ。
ゴロゴロと横になってぼんやりとテレビニュースを見る。
今晩7時から光化門広場や清渓川広場一帯で朴槿恵大統領退陣集会が行われる、というニュースを見て飛び起きる。
これは見に行かないわけにはいかない。
すぐに支度をして宿を出た。
歩いて行ったのだが光化門広場に近づくにつれて重低音のような感じで大勢の人たちの声が聞こえてきた。
「道を開けろ!」、「朴槿恵は退陣しろ!」
そんなスローガンが繰り返し聞こえている。
普段はバスや車で混雑している広い光化門広場一帯は全部歩行者天国になっていてこれまでに見たことがないような数の人たちであふれていた。
20161029_200403.jpg

20161029_202524.jpg

20161029_205608.jpg
大規模なスピーカーからスローガンを先導する人がいて「朴槿恵は退陣しろ!」というと集まっている大勢の人たちが続いてそのスローガンを続けて叫ぶ、そんな感じのスタイルだ。
集まっている人たちの年齢層は広く、乳母車をひいた若いお母さんからお年寄り、中高生までさまざまだ。
屋台まで出ていてお祭りのような感じ、危険な雰囲気はない。
この日の土曜日の集会をきっかけとして12月3日まで毎週土曜日、計6回の大統領退陣集会、デモが行われるとはこのときは思ってもいなかった。
まあ、昔の時代劇に出てくるような悪代官のようなことをしているのだから国民がこのように怒るのは当然だろう。
夜7時に始まった大規模集会を結局9時近くまであちこち場所を変えて見物していた。
9時過ぎになってお腹が空いてきた。
外は寒くて体も冷えてしまったので温かいものを。
20161029_212631.jpg
イワシダシの効いたチャンチククスを食べる。
ネギやらズッキーニやら玉ねぎやらあれこれ野菜が入っていてありがたい。
食後は宿近く、益善洞の古い韓屋街の路地をブラブラしてこの日の予定はおしまい。
20161029_214713.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

仁川の水原チプでコノシロの刺身をつまみにビールを一杯

2016年秋の韓国2泊3日の旅
12 /02 2016
2016年10月29日(土)

2日目

仁川大公園の紅葉を見たり市場をブラブラしたり結構歩いたおかげでお腹も空いてきた。
ちょうど昼時になったので再び地下鉄に乗って仁川駅へ戻る。
仁川駅前は大きな中華街になっていて中華料理も気にはなるが今回は別物のものを。
つい先日発売された『韓国ほろ酔い横丁 こだわりグルメ旅』(鄭銀淑著・双葉社)の中でもっとも気になっていたお店がこれから訪れる水原チプ。
中華街のわきの通りに水原チプはあった。
この店構えがとてもいい。
20161029_125807.jpg
看板には水原チプ ペンデンイフェ(ママカリ刺身)とある。
ママカリは岡山で昔食べた覚えがあるが味はおぼえていない。
お店の中に入る。
韓国では珍しいカウンター―形式になっている。
初めての店だが小さくて昭和の香りする、違和感を全く感じさせない雰囲気だ。
カウンターの中には年配の女将さんがいた。
「ペンデンイ」ありますか?と聞くと「今はないんだよ」とのこと。
じゃあなにがあります?と聞くと「今日はマナガツオとコノシロがあるよ」という。
マナガツオの刺身は釜山のチャガルチ市場近くのトンファンハルメチプで昨年食べたので今日はコノシロの刺身を作ってもらった。
飲物はビールを。
10.jpg
カウンターの上には焼酎やドリンク剤なども置かれていてなかなかにぎやかで面白い。
コノシロの刺身は初めて食べたが癖がまったくなくて旨みだけ味わえる、飽きない味だった。
サンチュとえごまの葉、ニンニクスライスと生唐辛子などたっぷりと出してくれたのでタレを付けて巻いて食べる。
12.jpg
このコチュジャンや味噌のタレがおいしくて後を引く。
女将さんがいろいろと話し相手になってくれる。
このお店はいつ頃からやっているのか聞いてみたところ、1980年代からやっているとのことでこのあたりではとても古い店だそうだ。
当時はペンデンイ(ママカリ)の刺身を出す店として雑誌や新聞記事にもなったとのこと。
当時の色あせた雑誌などの記事をわざわざ見せてくれた。
1980年代、その時代の韓国に行きたかったなあ。
日本人もこの店にはよく来るという。
この女将さんはとても早口、一方私の韓国語レベルは初級のため話の内容を理解できない部分も多くあったが楽しい時間を過ごすことができた。
お店で飲んだというよりも昔なじみの親せきの家で飲んだような感じをさせるような店だった。
午後はソウルへ戻り菊まつりをやっているおなじみの曹渓寺を見に行く。
20161029_144224.jpg

20161029_143950.jpg
境内はとてもにぎわっていて本当にお祭りそのもの。
お寺付近の大通りを歩いていたらこんな横断幕。
20161029_150357.jpg
「朴槿恵、崔順実(チェスンシル) もう真実を話さなければならない」
韓国に来ていることを再認識させられた。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

仁川大公園で紅葉を楽しむ

2016年秋の韓国2泊3日の旅
11 /27 2016
2016年10月29日(土)

2日目

朝ごはんをたっぷりと食べた後は仁川地下鉄2号線に乗って仁川大公園へ。
仁川地下鉄2号線は初めて乗る路線でどんな様子か楽しみである。
これはどこだったか、朝ごはんを食べた食堂の近くだったかで見かけた毎度おなじみのゴミ捨て禁止看板。
P1300198.jpg
「ゴミとタバコ吸いがらを絶対に捨てるな」
「絶対に」の文字だけ薄れてきてしまっていてちょっと残念ではある。
木の枝にひもで結びつけてあり、このプラスチックの割れかかったプレートがいい感じに手作り感を出している。
韓国のゴミ捨てマナーは明らかに日本よりもずっと良くないと感じているがその一方でやはりこうしてごみを捨てられた側のやりきれない気持ちというか、怒りは存在していることに気づかされる。
初めて乗る仁川地下鉄2号線、年月が浅いためか駅構内はとてもきれいで新しい感じがする。
ソウル地下鉄は日本の地下鉄よりも車内が広いと思っているがこの仁川地下鉄はやや狭い感じがする。
P1300202.jpg
仁川大公園駅で下車、しばらく歩くと公園に着く。

P1300199.jpg

P1300204.jpg
非常に広い公園で園内ではサイクリングさえ楽しめるようになっている。
この日は曇りで肌寒い日であったが園内はにぎわっていた。
紅葉もいい具合に色づいている。
20161029_102345.jpg

20161029_102813.jpg
広いススキの原っぱもありちょうど秋らしい風景を楽しめた。
ススキが広がる風景は箱根の仙石原高原をイメージするが仁川のような都会でもこんな風景が見られるとは。
20161029_101810.jpg
紅葉を楽しんだあとは再び仁川地下鉄2号線に乗って今度はモレネ市場へ。
最初は予定していなかったのだがモレネ市場という駅名が気になったので。
P1300207.jpg
駅を出てしばらく歩くとモレネ市場に着いた。
きれいに整備された市場でけっこうなにぎわいだ。
果物屋ではみかんなどのかんきつ類がきれいに並べられている。
20161029_110431.jpg
韓国のみかんも甘いんだよなあ。
日本と変わらずおいしいし安いのでお土産に買って日本へ持ち帰ったこともある。
20161029_110722.jpg
地べたに野菜が並べられてそのすぐ隣が洋品店。
こういう市場らしい風景は安心感というか懐かしい思いにさせられる。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

マッシー

FC2ブログへようこそ!