興津駅前の案内板に描かれていた清見寺で御朱印をいただく

2017年春の静岡1泊2日の旅
04 /01 2017
2017年3月

1日目

先ほど興津駅へ降り立った時にまず目に入ったのがこの案内板。
この案内板に描かれていた清見寺が気になり行ってみた。
DSC00605_20170401123253e11.jpg
この案内板の絵だと清見寺は海沿い(駿河湾かな)に近い丘の上にあるようだ。
興津駅から駅前の通りを歩いて15分ほどで着いた。
なるほど、海を前にして丘の上にあって先ほどの絵と同じだ。
DSC00587.jpg
別の場所から見るとこんな感じ。
山門をくぐるとその下には東海道線が走っている。
DSC00591.jpg
このお寺は約1300年の歴史があり詳細はここでは省くが徳川家康、夏目漱石、島崎藤村も訪れているほか朝鮮通信使の接待にも使われていたという。
こちらの仏殿で参拝した後、
DSC00590.jpg

奥へ進むと五百羅漢像があるとのことで行ってみる。
ここにある石像の顔はどれも違った表情をしている。
供養になるかと思い時間をかけて見る。
とても印象に残る場所であった。
DSC00597.jpg

DSC00600.jpg
最後に御朱印をいただきに行く。
とても丁寧に対応してくださり、いただいた御朱印には
20170401_115814.jpg
「佛心」ととても力強く書かれていた。

今夜の宿のある静岡駅方面へ戻る時間だが電車の本数もあるしもう少し興津駅周辺を散策。
駅近くの住宅地を歩いていると静岡ならではの光景に出会った。
民家の前のみかんの無人販売。
これを見ると静岡だなあと感じる。
DSC00612.jpg
興津駅近くのこの住宅街ではあちこちでみかんの無人販売を見かけた。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マッシー

FC2ブログへようこそ!