深圳の東門老街をブラブラ後、香港へ戻って晩ごはん

2017年 春の香港マカオ深圳4泊5日の旅
08 /09 2017
2017年5月

4日目

中国・深圳での昼ごはん後は腹ごなしに東門老街の繁華街をブラブラ。
下町風の古い街のようだが、ソウルの明洞のような雰囲気もある。
建物のひとつひとつが大きいし、道路も広くてすっきりとしているのが中国らしい。
s-DSC01740.jpg

s-DSC01741.jpg

ゴミがほとんど落ちていないなあと思ったらあちこちにゴミ箱が設置されている。
中国も変わってきたなあと思う。
そういえば以前の中国だったら道行く人々の多くが痰を吐いたり素晴らしい技術で手鼻をしたりしているのをたやすく見かけたのだが今回はほとんど見かけず。
なにかとマナーの悪さばかり注目されている中国人民だが少しは改善されてきているのかな。
ひととおり繁華街を一巡したあと香港との国境にある羅湖へ戻る。
歩き回って暑くなったので涼むためにもう一度羅湖の商業城ビルへ。
s-DSC01745.jpg
やっぱりビルの中は涼しい。
特に買いたいと思うものはないがズラッと立ち並ぶ、パチモノを中心とした小さなお店を見て行くときりがない。
ではこのビルの中へ行って中国出国、香港へ。
s-DSC01746.jpg
中国出国、香港入国ともにさほど待たされることもなく通過、チムサチョイ方面へ戻る香港MTRの中ではずっと寝ていた。
ホテルで一休みしてから晩ごはん。
何を食べようか迷ったが結局、昨晩行った香港土鍋の食堂を再訪する。
今日はうなぎがのった土鍋ごはん。
その前にビールと中華風の貝炒めを。
s-20170523_181130.jpg

s-20170523_182049.jpg
このあたりの食堂は夜になると椅子を出して外でも食事ができるようになる。
この風景は韓国・ソウル乙支路のビアホール街とよく似ているなあと思ったがアジアはやっぱりどこもこんな感じなのかな。
s-DSC01752.jpg
香港最後の夜、定番のシンフォニーオブライツを見に行ってこの日の予定は終了。

s-20170523_200842.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

深センは1992年に行き、その後2009年に2回目行きました。1992年に行ったときには東門に行きました。深セン最大の繁華街ということで。2009年は東門はいってません。東門は相当の変化がありますね。別の街に見えます。もう外観だけだと香港とあまり違わない印象です。現地で細かく見れば、やはり香港とは違うとかわかるとは思いますが。
↓1992年の深センです。上から7つ目の写真が25年前の東門です。
http://tombi00.sakura.ne.jp/hongkong/hongkong08.htm

マッシー

FC2ブログへようこそ!